人気ブログランキング |

聴力の違いが生み出す日常の一コマ。楽しかったり大変だったりいろいろだけど、どんな違いも大切に生きて行きたいという気持ちでお届けします♪

by tak-mic

別れの季節

卒園式や卒業式、転勤による引越しなどなど、別れの季節。ともに過ごしてきた人からは、目上だろうと、仲間だろうと、異性だろうと、年下だろうと、いろんなものをもらってきたはず。新たに進むべき道を思い描きながらも、そんな人たちとの別れが惜しい。そんな季節ですね。

『温もり』

弱い自分であることが
太陽を覆いかくす雲であること
いつの間にか忘れていたことを
君が教えてくれた

君を想う旅の途中
僕の心には
雨が降ったり風が吹いたり
それでも君は太陽のような温もりで
僕に信じる強さをくれたんだ

誰かを想うことが
自分を想うことでもあること
いつの間にか忘れていたことを
君が教えてくれた

僕らの新たな旅に向け
君がくれたありがとうの花束
そこにたしかな温もりを感じた時
僕を想うことが
君自身を想うことでもあってほしいと
そう思うことができたんだ

Taka
by tak-mic | 2015-03-17 23:00 | Takaの徒然詞 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takmic.exblog.jp/tb/23793910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。