人気ブログランキング |

聴力の違いが生み出す日常の一コマ。楽しかったり大変だったりいろいろだけど、どんな違いも大切に生きて行きたいという気持ちでお届けします♪

by tak-mic

<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キッチンkou

f0058042_23535751.jpg

お手伝い好きのkou!シチューを作ってくれました〜!
by tak-mic | 2014-03-31 23:50 | kouの日常 | Trackback | Comments(0)

育メンkou

f0058042_16483946.jpg

最近、赤ちゃんがえりぎみの甘えん坊kouですが、散歩の時は兄の自覚がめばえてます!
by tak-mic | 2014-03-29 16:46 | kouの日常 | Trackback | Comments(0)
某作曲家の件で、最近よく話題になっている「聴覚障害」について。micと一緒に暮らしていても、まだまだ全て理解できていない。まして、聴覚障害が身近でない人には、今回の件は聴覚障害への理解をはばむことにつながりかねない。聴覚障害について、わかりやすいホームページがあったので載せておきます!引用はその一部です、長いですが…。

http://ds.adm.u-tokyo.ac.jp/receive-support/hearing.html

「1.聴覚障害とは
聴覚障害とは、医学的には、外部の音声情報を大脳に送るための部位(外耳、中耳、内耳、聴神経)のいずれかに障害があるために、聞こえにくい、あるいは聞こえなくなっている状態のことをいいます。外耳から中耳に障害があるものを「伝音性難聴」、内耳から聴神経にかけて障害があるものを「感音性難聴」といいます。また、感音系、伝音系の両方に障害がある「混合性難聴」もあります。

一口に聴覚障害といっても、聞こえかたには一人ひとり、大きな差異があります。「音量が小さくなったようになり、聞き取り辛くなる」「音質が歪んだようになり、音は聞き取れるが内容が聞き分けにくくなる」「補聴器をつけても音や音声がほとんど聞き取れなくなる」など、難聴の程度はさまざまです。補聴器等の装用によってある程度音声を聞き取れる軽度・中等度難聴の人であっても、周囲に雑音がある場合やコンクリートの壁に間こまれた反響の多い場所などでは、話が通じにくくなります。マイクを通した音声、テープや映像教材の音声などは、肉声に比べて聞きにくいものです。また聴覚障害者にとっては、聞き易い話し方をする人と聞きにくい話をする人がいます。モグモグした話し方をする相手とは話が通じにくくなってしまいます。

聴覚障害の多くを占める感音性難聴の場合はとくに、音声情報を<音>としては認識していても、<言葉>として正確に内容を聞き取ることが難しく、目の前の一人の人とは通じても、3人、5人となると、どこで誰が何を話しているのか、音声のみで把握することが非常に困難になります。何人かでの雑談、授業の際の質疑応答、ディスカッションなどがこれにあたります。

2.聴覚障害者とコミュニケーション
聴覚障害は外見上わかりにくい障害であり、その人が抱えている困難も、他の人からは気づかれにくい側面があります。また、聴覚障害はコミュニケーション障害であるともいわれます。コミュニケーションは人間関係を築く上で、非常に重要な手段です。

聴覚障害者のコミュニケーション方法は、聴覚障害の種類や程度のみならず、聴覚障害が生じた時期や、教育歴などによって、一人ひとり異なります。そのことは本人のアイデンティティとも深く結びついています。聴覚障害者のコミュニケーション方法には、手話、筆談、口話、聴覚活用などさまざまな方法がありますが、どれか一つがあれば十分ということはなく、多くの聴覚障害者は話す相手や場面によって複数の手段を組み合わせたり使い分けたりしています。

しかし、だれもが声を使って話したり聞いたりするのが当たり前だと思われている環境のなかでは、聴覚障害者は、周囲にあわせ、音声でのコミュニケーションを強いられることが少なくありません。周りの雰囲気に合わせて、わかったふりをせざるを得ないということもしばしば生じます。大勢の人と交わることに非常な労力を伴うため、そうした場への参加回数を減らすという対処をする人もいます。その結果、その人の性格に問題があると誤解されてしまうこともあります。また、音声言語を前提とする環境では、筆談をもとめるのは、聴覚障害者の能力や努力の不足と見なされることがあります。そのために、筆談を求めることも避けつづけてきたという人もいます。聴覚障害があることを明らかにしていない人も、少なくないのが現状です。聴覚障害者は、一人ひとり、聞こえ方も、コミュニケーションのしかたも、現在までの経験も異なっていることをふまえ、まずは聞こえない・聞こえにくい本人から、その置かれている状況を聞いて理解するようこころがけてください。 以下では、特に知っておいていただきたいことについてまとめました。」
東京大学バリアフリー支援室ホームページより一部抜粋
by tak-mic | 2014-03-27 06:48 | 聞こえについて | Trackback | Comments(0)

オムツ交換耳センサー

赤ちゃんを育てる世の中のママ、パパはオムツ替えのタイミングを何ではかっているのかな?おしっこは、オムツを見ればわかるように線の色が変わる便利な時代。ではうんちの時は?表情、におい、そして、音!汚れが広がる前におむつ交換したいので、速攻で気がつきやすい音は便利!でもmicは聞こえないから、takがいち早く音を察知してオムツ替えすると「なんでわかるの、便利だね〜」と!聞こえの違いは、やはり興味深いです!
by tak-mic | 2014-03-24 10:44 | 聞こえについて | Trackback | Comments(0)
f0058042_2132254.jpg


3月11日を日本人の心を見つめ直す日にしよう、なんてえらそうなことを一年前に綴った。一年間、被災者の生活に思いを巡らせたことは数える程しかないけど、せめてこの日は、いろいろ考えてみよう。故郷の家族のことを、亡くなった祖父母のことを、未来を託す子どもたちのことを、そして東北のことを。
小さな鉢植えだったアジサイがいつしかこんなに大きくなるように、一人一人の小さな希望が、明るい未来へつながりますように!

『優 for you』

あの街で生まれて
あの街で育ちました
やさしさにつつまれて
あたたかく暮らしてました

あなたは 今 どこにいますか
強く生きてますか
わたしは 今 ひとり生きてます
強くはなりきれずに

きずな きずな きずなとみんな やさしさをくれるけど
素直になれずに 涙がこぼれます


この場所ではじめた
ふるさとを想う暮らし
家族と別れて
家族を想う暮らし

ここには もう ないのですか ふるさとのぬくもりは
それでも まだ 信じています だれかのぬくもりを

きずな きずな きずなと
みんな やさしさをくれるから
素直になれたら 笑顔になれました

大切にしてたもの 失っても 何より大切な人のために
わたしは生きます つよくやさしく笑顔で

Taka
by tak-mic | 2014-03-11 01:55 | takのつぶやき | Trackback | Comments(0)

パンク×4

昨日車を出そうとバックしようとしてアクセルを踏んでも動かない。車から降りてタイヤをみると、右後輪がパンク。普通パンクひとつくらいなら動くだろうと前を見ると前輪もパンク!まさかと思い左に回ると後輪がパンク!!「ありえねぇ〜」ってこういう瞬間!?深く沈み込んだ車のタイヤ交換ってめちゃくちゃつらい!なんとかタイヤ交換を終え、夕方出かけようとすると、左前輪が怪しい…。またまたパンク!たぶん昨日ショッピングモールの駐車場でいたずらされたのだろう。小さな穴で徐々に空気が抜けたのだろうが、走行中に何かあったらと思うと重犯罪だろっ!柏市、治安悪化!?トラウマになりそうです…。
by tak-mic | 2014-03-10 10:30 | takのつぶやき | Trackback | Comments(0)

飲んべえkou

f0058042_10411178.jpg

様になりすぎている…!ひな祭りパーティーで手酌の楽しみを知ってしまいました〜♪
by tak-mic | 2014-03-05 10:39 | kouの日常 | Trackback | Comments(0)

yuiの初節句

f0058042_016476.jpg

両家のおじいちゃん、おばあちゃんから雛人形のプレゼント♪長く楽しめるよう可愛らしいものより、大人っぽいものを選びました!kouがお内裏様という言葉をすでに知っていてびっくり!保育園でいろいろ学んでますな!yuiと飾り付けをする日が楽しみです!
by tak-mic | 2014-03-04 00:10 | yuiの日常 | Trackback | Comments(0)