聴力の違いが生み出す日常の一コマ。楽しかったり大変だったりいろいろだけど、どんな違いも大切に生きて行きたいという気持ちでお届けします♪

by tak-mic

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春ですね

春は、花粉症で憂鬱ながらも、桜が咲き始めると嬉しいものに感じます。桜って他の花に感じない何かをもっている?それとも日本人のDNA?

『さくら舞い、香る春』

薄紅色の風になびく黒髪
ほのかに漂う春の香り
桜ひとひら舞い降りて
和の心に静かなざわめき

街人行き交う喧騒を
彩る花弁の散歩道
儚い宴のひと時に
実りに向けた願いごと

Taka
by tak-mic | 2015-03-28 00:17 | Trackback | Comments(0)

別れの季節

卒園式や卒業式、転勤による引越しなどなど、別れの季節。ともに過ごしてきた人からは、目上だろうと、仲間だろうと、異性だろうと、年下だろうと、いろんなものをもらってきたはず。新たに進むべき道を思い描きながらも、そんな人たちとの別れが惜しい。そんな季節ですね。

『温もり』

弱い自分であることが
太陽を覆いかくす雲であること
いつの間にか忘れていたことを
君が教えてくれた

君を想う旅の途中
僕の心には
雨が降ったり風が吹いたり
それでも君は太陽のような温もりで
僕に信じる強さをくれたんだ

誰かを想うことが
自分を想うことでもあること
いつの間にか忘れていたことを
君が教えてくれた

僕らの新たな旅に向け
君がくれたありがとうの花束
そこにたしかな温もりを感じた時
僕を想うことが
君自身を想うことでもあってほしいと
そう思うことができたんだ

Taka
by tak-mic | 2015-03-17 23:00 | Takaの徒然詞 | Trackback | Comments(0)

震災から4年

震災の日、家に帰れず会社に泊まった。家族と1日離れただけで、すごく心配だった。被災地で、今も亡くなった人を思い、失った家を思い、ふるさとの進まない復興に悩む人たち。どれだけの苦しみや悲しみがあるのだろう。被災地のために何もしていない自分ではあるが、この日、複雑な気持ちになること、防災について考えることは、時間がたっても失わないようにしたい。

『優 for you』

あの街で生まれて
あの街で育ちました
やさしさにつつまれて
あたたかく暮らしてました

あなたは 今 どこにいますか
強く生きてますか
わたしは 今 ひとり生きてます
強くはなりきれずに

きずな きずな きずなとみんな やさしさをくれるけど
素直になれずに 涙がこぼれます


この場所ではじめた
ふるさとを想う暮らし
家族と別れて
家族を想う暮らし

ここには もう ないのですか ふるさとのぬくもりは
それでも まだ 信じています だれかのぬくもりを

きずな きずな きずなと
みんな やさしさをくれるから
素直になれたら 笑顔になれました

大切にしてたもの 失っても 何より大切な人のために
わたしは生きます つよくやさしく笑顔で

Taka
by tak-mic | 2015-03-11 23:05 | Trackback | Comments(0)

集めちゃう

f0058042_11194234.jpg

ペットボトルなどについているおまけ。全部集めたくなりませんか?妖怪ウオッチのコースター全24種+キラキラ3種を集めてしまいました〜!冷蔵庫の中がサントリーの飲み物だらけに…。集める習性、子どもみたいですね…。
by tak-mic | 2015-03-09 11:15 | takのつぶやき | Trackback | Comments(0)

ふたばとみつば

今日ニュースを見ていたら、やたらとミツバチの話題が。そうか。たぶん明日が3月8日だからかな。ふたばの日から、もう1ヶ月。明日はみつばの日でもある。ふたばの日から連想するのは「誕生」。みつばの日から連想するのは「お雑煮」か…。芽生えといえば、先日、二年前の誕生日にmic母に贈った胡蝶蘭が花を咲かせた。なんでも、1ヶ月に一回しか水を与えてはいけないそうだ。どんな小さな芽も忍耐強く、美しくなるんですね!人もそうなのかな〜!
by tak-mic | 2015-03-07 08:51 | takのつぶやき | Trackback | Comments(0)

ひなまつり〜

f0058042_2310665.jpg

f0058042_2310671.jpg

休日を利用して、一足早いひなまつりパーティーをしました〜!ひなまつりらしいケーキにyuiもご満悦、おかわりしてました!
by tak-mic | 2015-03-02 23:07 | yuiの日常 | Trackback | Comments(0)